忍者ブログ
海原市夕凪住人のお料理日記に非ず、思った内容グダグダ語る場だよ?
さて後から見てわかる様に書いておきますが、現在の『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編』の展開は奥義習得の為に一面鏡池へと到着するが…ってところ。



前作でのマッスル・インフェルノは未完成だろと思ってたけど、それ公式だって[ウィキペディア]で知ったので引用。
> 技をかける際に背中を大きく動かされると、バランスが崩れ技を解かれてしまうことがある。『キン肉マンII世 超人大全』によると不完全だったとされる。

スパークもリベンジャーも前作で散々やったから、ここはインフェルノ完璧版で行って欲しいなぁ。相手を背中に乗せて天井に叩き付けるという見方が正しい、とかさ。



で、万太郎の新相棒予想ってか希望。万太郎のみで戦うは無いと思うから。

1:キン肉アタル
キン肉マングレートIVとして出てきて欲しい。すっかり定着したソルジャーマスクはこの時代に無い筈だから、グレートマスクで是非。

2:アシュラマン
この終局で味方として登場したら神。悪魔種子編で活躍したからという作者側の理由で出番が無いというのを以前どこかで見たけど、過去の展開を踏まえるのだったらケビンこそお腹いっぱいだろと。

3:ザ・ニンジャ
前作今作含め全敗のまま死亡した彼に是非、汚名返上の機会を! でもこの大舞台に登場する様なキャラか?と言われると厳しいw

4:チェック・メイト
10年以上も万太郎のセコンドのままとか、元悪行超人が軒並み活躍してた悪魔種子編でもハブられたとか、どんだけ不遇よ? 是非に汚名返上を。ネタだけどw

折角舞台が20世紀なのだから、20世紀の超人と組んで欲しいです。前述の理由でケビンだけは勘弁。個人的にはスカーフェイス超希望なものの“負けたら出場資格無い”って断言されちゃってるからねぇ。

ところで主人公万太郎の相棒カオスが途中離脱ってのは、前作で主人公スグルの相棒カメハメが途中離脱したという展開へのセルフオマージュかしら?

拍手[1回]

PR
『シムシティ』の動画探しててハケーン。懐かしー。

[外部プレイヤー]

人口50万都市とか、まさに都市伝説だと思ってた。45万ぐらいでギリギリ無理だろと。

しかし、レジデンシャルゾーンが出来上がる直前の外周を削れるのを発見し、本来3×3の面積なのをこう
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┐
│R│R│R│R│R│R│
┌─┌─┌─┐─└─└─┘
│R│R│R│
└─└─└─┘

めり込ませて敷き詰めてったら本当に50万突破して感動に打ち震えたねー。説明書で推奨されてたマップ061でやったよ。60万行って市長合格しました。

時間経過させる為に一晩中スーファミ点けてたら災害で瓦礫だらけの街になってたとか、誰もが通った道でしょうw

シムシリーズどころか、この手のゲームは他に経験無いですが、任天堂による神移植だったと思います。

あ、イマジニアの『シムアース』もやったけど、ppp的に“買う→売る”が最も早いゲームでした。他の人の感想は知りませんが、ツマンネの一言で…。敢えて動画探してみようかね。
ちのうか゛ は゛くはつてきに しんかしました

拍手[0回]

アオリのお料理云々は、urlにcooklogと入ってるからですよとか今更解説。自分が第三者的に見たらココログに見間違えそうだけどw

忍者ブログにして失敗かな…と思ったのは、Entryの個別urlに通し番号が入ってしまう点。うかつに削除すると歯抜けるわけね。

拍手[0回]


[外部プレイヤー]
蛇咬叭カッコヨス!!

当時のゲーメストで“額に肉のあの人打倒の為に”“今回はマトモにやる気は無い”とか言いながら特集してた。“ダブルラリアットで浮いた相手をエリアルロシアンスラムすればマッスル・ドッキングの完成”とか“ケン竜巻旋風脚で挟み撃ちにしてアップル・シェイバー”とか馬鹿噴いた。あの号は保存しときゃ良かったかな…。



tas氏のプレイを探してたら見付けたのでした。ストII扱いにしちゃえw

拍手[0回]

動画漁ってたら、こんなのが。スーファミチックな音がナイス!

[外部プレイヤー]


スーファミでストIIを知った身としては、スーファミ版の曲が好きだなぁ。バルログに限らず。

[外部プレイヤー]

拍手[1回]

Author
ppp
この3文字には将来継ぐベーカリーの略称の他、ダブルラリアットのコマンドの意味も。
[画像についてなど]
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Template by あでる / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」 / 忍者ブログ [PR]